書籍紹介

アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ

アルテサニアがかわいいメキシコ・オアハカへ

オアハカの魅力と楽しみ方を紹介した オアハカガイドブック 絶対役立ちます!!! さる屋主宰 櫻井 陽子が1年をかけて 取材、撮影しました。 単独移住を決意したオアハカへの思いや 愛も詰まった1冊です。

世界手芸紀行

世界手芸紀行

弊社も各国の手仕事に「仕事」として かかわる日本人女性へのインタビュー記事が 掲載されています。 オアハカの刺繍の紹介もあります。

メキシコの刺繍―キュートな図案の宝庫 かわいい手仕事を訪ねて

メキシコの刺繍―キュートな図案の宝庫 かわいい手仕事を訪ねて

オアハカでの取材撮影のコーディネート をさせていただきました。 弊社のインタビュー記事も掲載されています。

フィガロボヤージュ メキシコ

フィガロボヤージュ メキシコ

弊社が初めてオアハカの現地取材 コーディネートを手がけた記念すべき1冊。 今読んでも役立つ情報が満載です。

ショップ紹介

facebook


さる屋HP

Coyote Azul

オアハカのアラソラ村の木彫り職人

Miguel Santiago氏の作品です。

その美しい均等に描かれたデザインと独特な目元は彼の作品にみられる特徴です。

現在は、自分の作品をきちんと時間をかけて満足行くものしか作らないというポリシーのもと、ほとんどの作品が注文発注となっております。ひとつひとつの作品に真摯に向き合っている作家さんです。

今回ご紹介している作品は、息子さんのGil氏が彫を担当し、Miguel氏が着色を担当した、Santiago親子の合作となっています。

木彫り収集、アレブリヘス愛好家であれば一つはコレクションに加えたい実力派の作家親子です。

Miguel氏の彫や着色の腕前は、生前アレブリヘスの生みの親として有名なマヌエル・ヒメネス氏の目にもとまり、幼少時代に自分で彫った木彫りをもって歩いていたら、マヌエル氏に呼び止められて「その木彫りは誰が作ったんだ?」と一目置かれたほどの才能の持ち主です。

木彫りの他にも、絵を描くことも得意なアーティストであり、工房には彼の作品コンセプトを精密にスケッチした資料が多数保管されています。

オアハカに自生しているコパルの木を彫りにつかい、アクリル絵の具で着色しています。

サイズ 
高さ 約16僉_ 約25僉” 約8cm


ご購入まえに、必ず

「商品購入時前のご注意」をお読みください。

販売価格 14,800円(内税)
購入数


おすすめ商品


Buho #85

55,000円(内税)


Conejo #135

48,000円(内税)


Gallina #21

42,000円(内税)


Coyote #175

48,000円(内税)


Top
Saruya